2019.01.23 Wednesday

ご報告:2.5年の月日を経て青帯になりました!

0

    柔術を愛する方、そして今から柔術をやってみようかなという方へ

     

    こんにちは! 福岡柔術道場に通っている、とある白帯マンです。

     

     

    最近、全くブログをアップしていませんでしたが、何と重大ニュースがあります。 世間的には全く重大ではありませんが、僕の中では天変地異のレベルのニュース。

     

    ついに青帯を中村代表に頂きました! 柔術をスタートして2年半。 とにかく無性に嬉しい一方、青帯から紫帯までになる年数が一番、他よりも長いという事を聞いてるので、「青帯は上と下の実力差が大きくある=試合では同じ青帯で出るので沢山試合で負けることだろう」という早速のネガティブな視点が・・・。いかんいかん。

     

    そんなこんなで今日のお題はズバリ、福岡のうちの柔術道場での「白帯から青帯への昇格基準は?」というもの等。

     

     

    1:福岡のうちの柔術道場の白帯から青帯への昇格基準は?

    ・中村代表がレッスン指導時に使っている全10種類ほどのカリキュラムを理解しているか=初心者にある程度、教えられるか? ・そこをクリアした上で、試合に一勝できるか? とのことでした。 1つ目が多少、難ありでも試合にしっかり勝てれば帯を上げることもあるとのこと。

     

     

    ちなみに私はどれくらいの頻度で練習したか?練習上の工夫は何かあったか?

    2年半、だいたい週3回ペースで青帯を頂きました。 途中、モチベーションが落ちて、行かなくなった時期も2ヶ月ほどありました。

     

    ちなみに僕は運動神経は悪い方です。学生時代の体育の成績は2。部活も野球やテニスをしてましたが、補欠。 スポーツはぶっちゃけ嫌いでした。 大学時代は体を鍛えるのにハマり、2年ほどウエイトトレーニングをしてましたが、卒業後は全く。 ちなみに青帯はアスリートなら1年以内で取れるみたいです。自衛隊に勤めて普段から体を鍛えている知人もそんなくらいで取ってました。

     

    練習上の工夫は何かあったか?というと、 中村代表いわく「練習中以外も柔術の事を考えると強くなる」と言われたので、柔術道場の往復の電車時間、だいたい30分をイメトレにあてました。 ただ練習量が少ないせいか、イメージがわかなかったので、「動画で自分のスパーを撮れば客観的に自分を捉えられる」という代表のアドバイス通り、iPhoneに動画をとり、それを電車でみながら何が出来てないか、スマホの手帳に書いて、レッスン時に先生に質問していましたね。

     

    そこまでやって2年半なのでやはり相当成長率は悪いなと思います。周りをみてるとそんな事をせず、体の赴くままにやって青帯をとってる人もいたので。

     

    ただ、柔術は私にとってライフワークであり、老人になっても続けたい趣味であり、他人と競うものではなく、自分自身との対決(さぼらず通う、酒を飲まず健康促進)なので、帯の年数もあまり問題ではない、と考えています。 「いや、それでも他人と競わんと。格闘技やし」と突っ込みを頂きそうですが、そう考えると運動神経の悪い私は一気にモチベーションが低下し、きっと辞めます。

     

    勿論、プロとして飯を食う為にやってるのであれば、その仕事は他人よりもよりよくやる事で社会に他人より優れた価値をもたらす事ができるので、プロとしてやってる事は競う事は必須だと思います。私も仕事になると鬼の人格に変わりますw

     

    が趣味はあくまで人生をより豊かに生きる為のものと考えているので。捉え方は人それぞれでいいのかなと。

     

     

    2:福岡のうちの柔術道場、試合に出なくても青帯になれるか?

    代表いわく、「試合に出るつもりがないなら、帯を上げる必要もないよね?白帯でも道場内の練習であれば楽しめるし。青帯の実力を持った人が青帯を必要とするのは、同レベル同士=青帯同士の試合に出るためであり、ただ道場で練習を楽しむだけであれば、白帯でもいいと思う」とのこと。 ということで基本は青帯にはなれません。 どうしても青帯に成りたい場合は、申告すれば別の承認ルートがあるかもですが。

     

     

    3:他の柔術道場はどうか?

    私は以前、関東や関西の柔術道場に少しだけ通った経験がありますが、そこで聞いた話などを勘案すると、道場によっては

     

    試合に出なくても実力があると判断出来た場合=例えば道場内の青帯に勝てるとか、ならば青帯を認定するところもあるらしいですね。

     

    結構大きい道場でも、なぜか支部では他よりも低い基準で青帯や紫帯を出し、本部はめちゃくちゃ厳しいところもあるらしいです。

     

    柔術ではまだまだビギナーな私ですが、一応社会に揉まれた歴は10年以上あるので、その視点で意見をいうと

     

    「実力にあわない認定は後々、その本人にとってかわいそうな事になり得るかもな。それで試合や他道場でスパーしてあっという間に負けたら、気分が落ち込むだろうし、外部を気にする人なら、それが嫌で柔術をやめてしまうかもしれないし。」

     

    と思います。 ただ人の感性や人の伸び率は千差万別で、青帯を貰う事で意識が代わり、めちゃくちゃ練習量が増え、実力が上がる場合もあるかもなので、一概には言えませんが。。。

     

    さて次回はこの勢いで、福岡のうちの柔術道場での「青帯から紫帯への昇格基準は?」を代表に聞いて書いてみたいと思います!

     

    福岡柔術道場のとある白帯マンならぬ、とある青帯マンからでした!!

    2018.12.12 Wednesday

    タックル、投げ対策!柔道家/レスラーを見分けるポイント!をとある柔道強豪出身者に来てみた!

    0

       

      柔術を愛する方、そして今から柔術をやってみようかなという方へ

       

      こんにちは! 福岡柔術道場に通っている、とある白帯マンです。

      (写真はレスラーで写真を探したら、ヒットした写真。レスラーのユニフォームに一瞬見えた自分が恥ずかしい。。。)

       

      皆さんはテイクダウンのタックルや投げが得意ですか? 私は過去に格闘技経験がないので全くできません。

       

      テイクダウンのタックルや投げをしてくる相手の対応も当然苦手です、 もし相手が「投げ or テイクダウンのタックルが得意」=「相手が柔道家家 or レスラー」 か見分けがつけば、少しはその対応が楽になりますよね。

       

      そこでズバリ今日のテーマは「柔術の試合の相手選手、柔道家かレスラーかを見分けるポイントとは?」になります。

       

       

      1:とある強豪柔道家(今は柔術家)の話によると!?

      又聞きになるので詳細はわからないですが、

       

      「試合が始まったときの構えに注目。コンバッチと試合開始時に、自分が腕を真上にあげたときに、相手も腕をあげたら、それは柔道家!! こちらの腕あげに反応せず、ぐいぐい突進してくるならレスラー!!

       

      とのことでした。 人の話、しかもまた聞きを鵜呑みにすることは危険なので、自分なりの考察をしてみます。

       

       

      2:柔術以外の分野で考えてみる

      小学校から大学時代=約13年くらい、柔道やレスリングをやりこんだ人は、習性/習慣として、そういった動きが刷り込まれていることもあり得るかなと思います。

       

      自分の仕事で考えると、僕は人間観察が好きなので、よく色んな方の特徴を分析するのですが、長年、1つの仕事をやっていれば思考や話し方、話しの流れや組み方が特徴として出てきます。 県庁や市役所などの公務員なら公務員の思考の癖があるし(しかも部署毎にも若干特色がある)、経営者なら経営者の思考習慣がありますし、会社員なら経理部と営業部で話し方も変わってきます。

       

      ならば、柔道家やレスラーも10年以上に渡り、真剣勝負でやってきた中の、試合開始時の癖が産まれるのも理解出来ます。 恐らく、柔道をめちゃくちゃやってきた方ほど、その無意識の癖があるのかなと。

       

       

      3:真実かちょっとリサーチ!!

      仮説はデータで検証を! ということでyou tubeで柔道試合の試合動画を見ました。

       

      大学の試合

      2つだけ見てみました。動画開始直後と10分12秒前後。 確かに微妙だけど手を挙げてる!

       

      実業団の試合

      野村忠宏選手の引退試合です。開始35秒! 確かに2人とも手を挙げてる!しかも野村選手はがっつりあげてる! 「恐らく、柔道をめちゃくちゃやってきた方ほど、その無意識の癖があるのかなと」と上記で書いた僕の仮説が当たりました(自慢げw)

       

      柔道グランドスラム(国際柔道)の試合

      動画開始28秒! 白い方(阿部選手)は上げてます!しかーし、丸山選手は上げてない。。。 年齢を調べたら丸山選手の方が5歳上なので、もしや年上は上げないのか。。。いや△婆鄲質手は上げていた。いや野村選手は年齢関係なくそれをする境地に達しているのでは??

       

       

      4:再考&うちの柔術道場の代表に聞いてみた!

      自分の仕事で考えた場合、思考の癖を排除してフラットに考えられる人間も見たことがあります(そんなに数は多くないですが)。 なので同じように柔道家でも、その腕を上げる癖を完全に消してやってくるかもしれません。 結局、全員に通じるものではなく多少読みの確率を上げる位と考えた方が良いでしょう!(自分から書いておいて恐縮です。。。)

       

      タックルや投げに関しての質問では無いですが、柔術で相手が技を出してくるのに対して、どう対応していけばいいか?とうちの中村代表に聞いたところ、

       

      そもそもその考え方が良くない。先に自分がどんどん仕掛けていって、相手に得意なパターン、技を出させる前に、自分の得意な技で相手を極めてしまう、という考え方が大切。 特に白帯はそんな対応なんかできるわけないから、とにかく自分から先に攻めることを考えましょう!」 と言われたことを思い出しました。

       

      上のアドバイスをもとに考えると、タックルや投げに対しても、自分から先に距離を詰め、タックルや投げができないスペース/状態にしてしまえば良いのではないかなーと未熟なりに思います。

       

      ただ、それをやるのがそもそも難しいし、安全なスペースがどのようなものか、全くイメージがないので道場の柔道家やレスラーに話を聞きながら、そこは試行錯誤していくしかないのかな。。。

       

      最後は相当雑な終わりになってしまいました。。。 近いうちに、福岡のうちの柔術道場の代表や元レスラーの現プロMMA選手、他の先輩に聞きながら、当該記事を補正修正していきますので皆様お楽しみに!

       

       

      ここまで読んで頂きありがとうございました!

       

      柔術の素晴らしさを、今から柔術をやってみようかなという方や、今、同じように白帯でいる方向けに発信していきたいので、 福岡柔術を頑張る、青帯とりたい白帯マンは、これからも、柔術ブログを頑張って書いていきます!

      2018.12.06 Thursday

      どれくらい時間を費やせば、柔術は強くなれるの?

      0

         

         

        柔術を愛する方、そして今から柔術をやってみようかなという方へ

         

        こんにちは! 福岡柔術道場に通っている、とある白帯マンです。

         

        柔術は寝れば寝るほど強くなれる格闘技」という話を皆さん聞いた事がありますよね? 努力すればそれに比例して強くなれるという事なんですが、じゃあどれくらい時間を費やせば、「柔術は強くなるの?」と僕はある日ふと、トイレの中で考えました。

         

        そこで今日のお題はズバリ、「柔術はどれくらい時間をかければ、強くなれるのか?」というもの。 (注意:何でもそうですが、単に時間をかけただけでは無理。前提として集中力が必須)

         

         

        ちなみにイギリスのマルコム・グラッドウェル氏は1万時間を費やせば、プロフェッショナルになれる、と理論提唱しています(理論詳細は下のリンクから。,脇匹澎廚い任后△呂茲蠅靴辰り書かれてます)

        https://www.mag2.com/p/news/21307

        https://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20100908/216151/

         

        主に脳を使うか、体を使うか等、分野毎にぶれはあるとは思いますが、1万時間費やせば、基本的には柔術が強くなれる、とします。

         

        ただ問題は、僕らは家庭があったり、仕事があったりするので、プロフェッショナルに成る為に、1万時間を柔術に投資する、というのはあり得ません(プロ志望でない限り)

         

        なので、柔術と同じように、触れれば触れるほど上手くなるという言語習得の場合だと1000時間あればある程度のレベルになる(参考HP)という説に従い、

         

        柔術1000時間達成するためには何年かかるか?」

         

        を考えてみます。

         

         

        1:1000時間達成するためには何年かかる?

        。影の練習時間は1時間とみる。 うちの道場の夜の部の練習時間は20〜22時。ただずっと動いているわけではなく、レッスン45分、基本ムーブ15分、スパーを5分を5本=25分程度している感じ。 見るだけのレッスンを45分とみるのでなく、半分の22分=約20分として合計60分=1時間。

         

        ⊇毅害鹹未Δ箸垢 僕は大体、週3回通ってます。ただ人によっては5回とかの方もいると思うので、下のの中にあるリンク先にエクセルシートを作成。これを使えば、何年かかるか一目瞭然!!

         

        ただ、ここで1つ問題が。移動時間です。 忙しい社会人。移動時間も柔術をやる上でのネックの1つ。 私の場合は往復1時間。これも別に計算に加味します。

         

        さて何年だ!? 計算用のエクセル(クリックして下さい)で計算すると

        (PCならエクセル使用可能。ただしスマホならアプリのダウンロードが必要になります)

         

        僕の場合だと
        ・単純に練習時間を1000時間で割るとしたら、「1時間の練習、週3の通い」で約7年!!遠いですねw

         

        ・上記移動1時間を加味し、毎回の練習が合計2時間かかるとして、1000時間達成のために何時間、時間を投じる事になるかというと、2000時間! 

        1日8時間(会社員の規定勤務時間)を毎日やり続けたとしたら、250日で完了!

        となります(この部分は単純に自分がどれだけ時間を投資してるか、会社員の観点で参考になればいいかなーと思い、作成)

        2:福岡のうちの道場の紫帯のプロMMA選手に何時間で紫帯になったか聞いてみた

        この大先輩は大学時代はレスリングで国体まで行く位の正真正銘のアスリート。 動物、生き物として完全に負けます、はい。

         

        このマッスルエリート氏いわく、

         

        「真剣にプロを目指して20代後半から会社を辞めてやったら、だいたい500時間くらいですかね」

         

        とのこと。 国体マッスルエリート、つまりフィジカルも基本性能で備わっていて、レスリング=タックルや組みなどのジャンルは異なるけど、同じフィジカルコンタクトスポーツという点では類似性のある、この方で紫帯まで、500時間。

         

         

        3:つまり、凡人が1000時間練習やったら!?

        「学生時代にちょろっとスポーツしてた、社会人になったら全く運動してなくて、30代に入って、運動しよう!と柔術に興味を持った」

         

        という方が多いと思うので、この前提(フィジカルも元々なく、運動能力も落ち、疲労しやすい、怪我し易い)で考えると、、、

         

        恐らく紫帯までいける、、、のではないでしょうか? これはうちの道場代表に聞いてみます。 乞うご期待。

         

         

        ここまで読んで頂きありがとうございました!

         

        柔術の素晴らしさを、今から柔術をやってみようかなという方や、今、同じように白帯でいる方向けに発信していきたいので、 福岡柔術を頑張る、青帯とりたい白帯マンは、これからも、福岡から柔術ブログを頑張って書いていきます!

        2018.11.30 Friday

        柔術は人間関係のストレスが多い日本社会からあなたを守ってくれます!

        0

          柔術を愛する方、そして今から柔術をやってみようかなという方へ

           

          こんにちは! 福岡柔術道場に通っている、とある白帯マンです。

           

           

          今日のお題はズバリ、柔術の素晴らしさについて!!

           

          柔術にはあげたらキリがないほどの素晴らしい点があるですが、今日はそんな中でも柔術のストレス防御について!

           

          柔術は、人間関係のストレスが多い日本社会からあなたを守ってくれます!」

          本当です。

           

          いくらまじめに暮らしていても、仕事や家族で予期せぬ人間関係トラブルに見舞われる可能性があります。

          いじめやパワハラ、クレーマー、日本社会は危険がいっぱい。ストレスいっぱい。

           

          では、そのストレスをどう解消するか?

          私が思う、最も優れたストレス解消術は、何を隠そう柔術!!

           

          いじめやパワハラ、クレーマーをしてくる人間は、相手を見ていじめる人間を選別している。

          弱そうで反撃してこなさそうな人が狙われる事が多い。 彼らは反撃してきそうな人間は狙わない。

           

          彼らは「相手が反撃してくるかどうか」をしっかり見極めて、弱い人間と判断した相手のみターゲットにする。

           

          ならば、「コイツに反撃されたら厄介だな!」と思わせたら、そういう人間に色々されるリスクは激減する。

           

          ではどうすれば、「コイツに反撃されたら厄介だな!」と思わせる事が出来るか?

           

          そう、勘のよい方はお気づきでしょう。 柔術なんです。

           

          柔術さえあれば、いじめやパワハラを未然に防ぐことができるんです。

           

          柔術は人間関係のストレスが多い日本社会からあなたを守ってくれるんです。

           

           

          「こいつに腕を近づけると腕十字が飛んでくる」

          「こいつに足を近づけると足関がくる」

          「こいつの前で仰向けになると、ニーオンザベリーがやってくる、くる、きっとくる」

           

          という柔術をやってる人間が放つただならぬオーラは、理不尽な人間からあなたを守るのです。

           

          抑止力になるんです。

           

          大事なとこですし、テストにも出るので、再度言います。

           

          日本社会の人間関係において柔術は抑止力になるんです。

           

          だから、運動してストレス発散したい方は、そもそもストレスを喰らわないために、柔術を始めて欲しいんです。

           

          不要な人間関係ストレストラブルを避けたいならば、柔術の技術を手に入れればいいんです。

           

          そうすれば、仕事終わりに「あの上司、むちゃくちゃだ!」みたいな愚痴を居酒屋でこく代わりに、柔術道場で練習に励み、さらに強くなり、かつストレス解消になり、かつマッスルボディを手に入れる事ができます。

           

          かつ自分だけでなく、家族や最愛の人たちも守ることができるんです。

           

          さあ、みなさん、柔術の時間が迫ってきてますよ。!!

           

           

           

          以上、今回は少し飛ばしすぎましたし、あくまで私的見解なので、恐縮の限りですが、参考になれば幸いです。

          2018.11.23 Friday

          胃腸が弱い柔術初心者にお伝えしたい注意事項(福岡の白帯マン)

          0

             

            今日は、柔術を始めたい方向け、柔術を始めたばかりの方向けの、

            福岡の白帯マンより、胃腸が弱い柔術初心者にお伝えしたい注意事項です。


            ※あくまで内臓の弱い私や柔術仲間の経験談です。人によっては全く該当せず、参考にならないです。
             

             

             

            その1:練習の始まる直前にコーヒーや緑茶などカフェインの強いものを取らない。

            一度、練習1時間半前に濃い緑茶を飲んでスパーを4、5本やったらめちゃくちゃ気持ち悪くなりました。


            練習仲間も2時間前にコーヒーを飲んだらスパー中気持ち悪くなったと言っていました。


            その2:練習の3時間前までに食べる
            練習1、2時間前に食べると、量にもよりますがスパーー中、間違いなく吐きそうになります。
            相手に上に乗られた日には確実に嗚咽します。
            どうしてもお腹が空くなら練習1時間前までにバナナなどの果物がいいかなと。


            その3:夜の練習後にビールを飲まない
            スーパーを沢山やった夜練習後に、ビールなどのアルコールを飲むと、私の場合、気持ち悪くなります。

             

            さらに悪いことに、たくさん寝ても翌朝、疲れが全く取れないことに。

            理想はビールを飲まず、お風呂に30分ほど入り、しっかり疲れを取るのが本当にいいです。
            翌日の疲れの取れ方が全く違います。(30代の私の場合)
             

             

            胃腸が普通の方にとっては全く参考にならない情報ですが、私のような胃腸弱い方にはきっと役立つはず。

             

             

            以上、胃腸が弱い柔術初心者向け、福岡にある柔術道場に通う、青帯になりたい白帯マンでした。