<< 1/18 柔術クラス | main | 1/21 ノーギクラス >>

2019.01.20 Sunday

1/19 打撃クラス

0

    こんばんは福岡県の福岡市東区にあるT-REX柔術アカデミーインストラクターのワキモトです。


    毎週土曜日夜クラスは打撃クラス!


    本日は初心者の高校生と打撃できる人の2チームに別れてクラスを行いました!


    できる人は2分×4のシャドー

    初心者の方は構えと打撃の確認



    打撃できる人達はスパーリング!


    初心者の高校生達もメキメキ上達していっています。

    若いっていいですねー😆



    練習終わった後も自主練習する高校生!


    流石です!

    しかしなぜ裸!!?(笑)




    さあ本日は打撃にちなんだトリビアを一つ

    ボクシングについてです



    そもそもなぜボクシングというのでしょう?


    英語で書くとboxing

    これって -ing をとると box になりますね!ボックスつまり箱です。

    格闘技と箱にどんな関係があるのでしょう?

    遡ること数千年。ギリシャ時代のボクシングは「プジリズム」と呼ばれ、グローブなしで殴りあうというものでした。

    古代オリンピックでも正式種目として採用されていましたが、ローマ時代では、コロッセウムで見世物として楽しまれることが多かったそうです。

    なんと、その見世物ボクシング、どちらかが死ぬまで戦わせるようになったと言います。


    あまりに残忍過ぎることから、プジリズムは長らく禁止されることになりました。

    中世に入り、禁止されていたボクシングも、ヨーロッパで護身用として行われるようになりました。教会の神父が近所の若者に教えることもあり、この頃からボクシングという名前が使われるようになったと言います。


    さて、ボクシングの語源ですが、擬音語に由来しています。
    人を殴る音が、ボコ、ボフ、ボク、boke、box…になったとか。
    途中になるbokeは古いオランダ語で殴打するという意味があり、それが英語のboxに変わっていったそうです。


    イメージつかない場合はセスタスを読みましょう!


    ではよい週末をーーー



    コメント
    コメントする