<< 11月19日のレディース柔術クラス | main | 11/20 キッズ柔術クラス >>

2018.11.20 Tuesday

運動神経が悪く、筋肉もそれほどない人の柔術入門時の注意点

0

    ※私や他の柔術友人の意見です。全く参考にならない方もいるかもですが、私と同じような「運動神経が悪く、筋肉もそれほどない人」の参考なればと思います。


     

    1:入門したばかりの白帯で運動神経がない人の注意点

     

    ⑴一般人なら筋肉もあまりないし体も固いケースが多い。

    なのでフルパワーでスパーをしたら、近いうちに怪我をして、結果、数ヶ月練習できずモチベーションが下がって止めてしまう可能性が高い。

     

     

    ⑵なので、

    ・その日に習った技をスーパーで試すこと

     

    ・100%の力と勢いで相手に向かわないこと(怪我をしてしまうから)

    重い相手に乗られてめちゃくちゃしんどい時や嫌だなと思った時は、すぐに辞めて帰ってビールでも飲んで寝る!!w

    (そうでないとその日は良くても、何日か目でモチベーションが大きくダウンするから。

    だって昼間、仕事をしてその人間関係などのストレスがのしかかってくる。

    それらも併せていくと、当然、柔術に通うモチベーションがダウンする。

     

     

    ⑶柔術は続けていけば、どんな人も進化スピードの差はあれ、上手くなる。

     

    「寝れば寝るほど強くなる」と言う言葉があるように、とにかく大切な事は続けること。

    そのためには怪我をしないやる気を持ち続ける!!

    (最低でも、よっこらしょっと、荷物を持って道場に通う程度のやる気は持ち続ける)

     

     

    ⑷モチベーションの維持

    いろんなやり方があるけど、私が思うに、

     

    ・1つでも昨日より少しでもうまくいっている点を見つける

     

    ・たとえスパーでボロ負けし続けていても小さな進化を自分で発見する

     

    ・道場の人と仲良くなって会話するのが楽しい状態にする

     

    ・先生の充実理論を聴くのが楽しいとかでもいい

     

    ・練習後のビール夜ご飯がとにかくうまいから続けるでもいい

     

     

    上のような自分だけのオリジナルのモチベーション維持ポイントをつかんで、そこを意識すればいい。

     

    そしたら継続的に通えて徐々に上手くなりもっと充実が好きになり最終的には黒帯になれるかも(あくまで「かも」)

     

     

    ⑸学生時代の部活動とは違う!

    柔術は大人のスポーツ、ストレス解消のスポーツなので、ガチでやりたい人がいるのも良いし、そうでない人がいても良いかなと。

     

    後者はじっくり自分のペースでやり続ければいいと私は個人的には思う。

     

    ただ道場によっては価値を求めるところもあるので、自分に合った道場を見つけるのも大切かなと。

     

     

     

    ちなみに福岡市東区にあるうちのT-REX柔術道場は、

    プロ総合格闘家の中村さんが代表なので、福岡ガチ系道場と最初は思ったけど、中村代表は柔術を感覚ではなく、

     

    論理的/言葉に落とし込んで、普通の人にもわかりやすく説明してくれる

     

    ので、私のような運動神経が悪く普通の人でも、頭を使い継続していけば、少しずつではあるけど上達できる!!

     

    スーパーも自分のやりたい本数をやらせてくれるし、私ははじめの頃は2本だけやって帰っていたw

    福岡にいてよかったーw

     

     

    この記事で、私と同じような「運動神経が悪く、筋肉もそれほどない人」が柔術を楽しみながら、やっていけるヒントになれば嬉しい限りです。

    コメント
    コメントする