<< 12/6 キッズレスリングクラス | main | 12/6 柔術クラス >>

2018.12.07 Friday

12/6 柔術クラス

0

    福岡市東区にあるブラジリアン柔術道場T−REX柔術アカデミーの脇本です!


    本日はやりたいことが違ったのもあり白帯さんグループと色帯さんグループで別れてテクニッククラスを行いました!




    本日会員さんとの話で「頭ではわかっているが、身体が動かない」という話が出たので、【運動神経】について書こうと思います!


    近年健康ブームで、大人になってからスポーツを始める人ジムに通う人も多くなっています。


    子供の時から運動神経が悪くてしょうがない、と思っている人もいるでしょう。

    ですが、大人になってからでも運動神経をよくすることができるんです。


    その方法を紹介します!


    ■運動神経は、脳と身体の結びつきにあった!


    人間は身体を動かすときには、脳から筋肉を動かす命令が出され、それに合わせて身体の筋肉を動かします。

    運動神経の良い人というのは、脳でイメージしたことが、スムーズに伝達されているということなのです。


    この脳と体の結びつきを強化することが、運動神経をよくする最大のポイントなのです。


    ■運動神経の悪い人は、イメージ通りに体が動かせていない人


    運動神経の悪い人は、思うように身体が動いていない、と感じることが多いのではないでしょうか? 「こんなはずじゃなかった」「こんな風に動きたいのに」それは、脳ではしっかりイメージできているのに、身体がついていっていない、ということ。



    脳の命令に対して、身体が思うように動かないのが、運動神経の悪い人の大きな特徴です。


    ■運動神経をよくする方法、大事なのは理想の動きをイメージし反復すること


    一度覚えた身体の動きは、脳からの命令にきちんと反応することができます。このような神経ネットワークが形成されるのは、幼少期だと言われています。

    この時期(ゴールデンエイジ)にたくさん運動をしていると、神経ネットワークが形成され、おとなになってからもスムーズに動けるようになる。


    つまり運動神経が良いとされるわけです。大人になってから、このネットワークを作り出すには、理想の動きをイメージし反復することが大変重要です。同じ動きを続けて体に覚えさせることで、ネットワークが形成され、思うように体が動くようになるのです。


    運動神経をよくするのは、大人になってからでも決して遅くはありません。

    同じ動きを繰り返すことで、筋肉はしっかりとその動きを覚えマッスルメモリーとして記憶します、脳からの命令に気持ち良く反応してくれるようになります。ただ、子どものときに比べて時間がかかることは確かです。


    なかなかうまくならなくても、諦めずに続けること。そうすれば、ある時ふと、上手く動けるようになっている自分に気づくことができるまずです!!


    TーREX柔術アカデミー

    住所 812-0054

    福岡県福岡市東区馬出2-2-14 1階

    TEL090-2850-9179

    mail trexjiujitsu2009@gmail.com

      


    コメント
    コメントする