<< 12/6 柔術クラス | main | 12/8 打撃クラス >>

2018.12.08 Saturday

12/7 キッズ柔術クラス

0

    福岡市東区にあるブラジリアン柔術道場T−REX柔術アカデミーの脇本です!


    今日は福岡めちゃくちゃ寒いですねー

    元気なキッズ達も流石に長袖長ズボンでした(笑)


    そして明後日は九州国際柔術選手権!

    みんなは「次こそは絶対勝つ!」と気合い入ってます!



    試合でやりたいことの最終チェック!


    中村代表によるルール確認!

    試合の事になるとみんな真剣です!!



    最後は練習試合!

    練習試合で緊張してお腹痛くなる子もいましたがみんな頑張ってました!




    そして本日は【キッズスポーツ試合前の食事】について書きたいと思います!



    【試合前日の食事】

    車を動かす為にはガソリンが必要なのと同じで、試合の前には身体と頭をフルに働かせるために必要な「グリコーゲン」を、できるだけ多く筋肉や肝臓に蓄えておくことが大切です。

    そこで、試合前日はグリコーゲンの材料となる炭水化物(ご飯、パン、麺類、芋、果物)と、炭水化物をグリコーゲンに変える手助けをするビタミンB₁(豚肉、うなぎのかば焼き、たらこ、大豆、胚芽米、のり)の豊富なメニューを取るようにしましょう。

    自分のオススメはパスタです!!

    パスタは手軽につくれて子どもも大好き。具材はビタミンB1を含むハムがおすすめです!


    【試合当日朝】

    試合当日の朝ごはんは、集中力を高めて体を動かすためのエネルギーを補給することが目的。すぐにエネルギーに変わる炭水化物多めの献立がおすすめ。消化に時間がかかる野菜や海藻類はひかえて、うどん、おにぎり、おもちなどをよくかんで食べ、試合が始まる3〜4時間前に食べ終えるようするのがポイントです!


    オススメ食事はおにぎり🍙!

    食べ慣れた米がやっぱりいいんじゃないかと思います!


    【試合1〜2時間前】

    小さめのおにぎりやサンドイッチ、バナナなどの果物、エネルギーゼリーなどの活用もおすすめです。



    【NG食事】

    油もの(天ぷら・カツ丼・唐揚げ等)

    生もの(刺し身等)



    ゲン担ぎでカツを食べる人が、いますが

    油っぽいメニューは消化が悪く、胃もたれや消化不良による腹痛の危険があるので注意が必要です。



    パフォーマンスを発揮させるためにはこういった食事がオススメです

    是非お試しあれーーーー\(^o^)/



    コメント
    コメントする