<< タックル、投げ対策!柔道家/レスラーを見分けるポイント!をとある柔道強豪出身者に来てみた! | main | 12/13 キッズレスリングクラス >>

2018.12.12 Wednesday

12/12 柔術クラス

0

    どうもー😁

    福岡市東区にあるブラジリアン柔術道場T−REX柔術アカデミーの脇本です!


    福岡めちゃくちゃ寒いですねー

    脇本も少し風邪気味です!

    皆さん体調管理には十分気をつけましょう!

    ちなみに風邪気味の時は、葛根湯とグルタミンがいいですよー



    さあ本日のテクニックはスタンドからの展開でした!


    21時からはスパーリング!

    最近高頻度で来ているオーストラリア留学生のアリエルさん赤丸急上昇‼


    現在白帯ですが、青帯の会員さんと互角以上に戦っていました!

    スパーリング後は代表からストライプ授与式!

    おめでとうございます!!

    ストライプ4本でリーチ!



    そして本日は未経験者の方白帯さん向けのお題

    ブラジリアン柔術の帯制度

    についてです。


    帯の色は柔道や空手のように習熟度や実力によって分けられており、
    白帯→青帯→紫帯→茶帯→黒帯
    の順に高くなっていく。
    (※キッズはまた変わってきますその話は後日)


    柔道の場合は各県において公式な昇段試験があり、受験者同士の試合結果にて取得する点を一定数貯めると昇段、といった制度があるが、柔術では基本的には試合や大会での実績や実力に応じて道場の代表の判断で授与する場合が多いです。

    黒帯制度がある他武道の中でも黒帯の取得が最難関の競技と言われており、黒帯を取得出来る選手は稀である。目安として青帯は基礎技術を習熟し、紫帯で指導員としての実力を有し、茶帯および黒帯は下位帯に対して圧倒的な実力差を有する。習得期間や寝技の技量と戦歴によって、自身の指導者が帯の昇格を認めれ柔術を始めてから1年で昇格をする場合もあれば10年以上の歳月をかけて昇格する人もいる。
    ただし、MMAのプロ経験を持った者や柔道・レスリング・サンボでオリンピック・世界大会出場経験・全日本大会以上の優勝経験を持ったものは無条件で色帯として昇格される場合もあります。

    まあこんな感じです!

    また柔術ならではの行事としては、帯昇格をお祝いする
    ずばり!

    【帯たたき】


    帯叩きというのは、
    帯を持ったチームメイトが上半身裸の昇格者にお祝いの気持ちをこめてフルスイングで帯を叩きつける行事です!

    痛いの!?
    って疑問を持つ人もいますが、めちゃくちゃ痛いです😂



    帯叩きに対しては良い・悪い含めていろんな考え方があると思いますが、もちろんT-REX柔術アカデミーはします!

    一度叩かれると他の人を叩かないと損した気分になるという復讐の連鎖ですね(笑)

    ブラジリアン柔術文化の1つとして受け入れましょう。

    いい柔術ライフをおくりましょーーー



    コメント
    コメントする